これならできそう!おかゆのダイエット

おかゆ中心の食事でダイエットを行うおかゆダイエットが注目を集めているようです。そもそもおかゆは、日本人には馴染みのある食べ物ですが風邪をひいた時や胃腸が弱っていて固形物を口に入れられないときに食べる以外はあまり食べる機会がない物です。

おかゆダイエットはあえて1日の食事3食全てをおかゆを食べる簡単な制限ダイエットです。なのでおかずは食べてもいいので初心者向けのダイエットなので継続できると思います。

ダイエットと名の付くものは空腹を我慢することがほとんどでストレスが溜まり、反動で暴飲暴食してしまい、リバウンドすることがほとんどですが、おかゆダイエットは食べられるので心配はないのですがその分、摂取カロリーは極端に減らないのですぐに結果が出るタイプのダイエットではないです。長い時間をかけてゆっくりと体重を落としていくことで奇麗なプロポーションを維持することができるのです。

そもそもお茶わん1杯のおかゆで100㎉くらいです。およそ白米の半分の㎉なんです。3食全ておかゆに変えることで300㎉減らすことができるのです。300㎉を消費しようと思うとウォーキング1時間30分か自転車1時間くらいの運動をしないと消費できません。食べたものを消費することよりも、摂取カロリーを減らす方が簡単に痩せることができるんです。

またいきなり3食全てをおかゆにする必要はありません。お腹が空いて動けないといけないので朝食は白米を食べて(お茶わん1杯まで200㎉)昼食も普通に食べ、最後の夕食だけおかゆから始めてみましょう。ダイエットは慣れるまでがきついんです。でも慣れたらどうってことないんです。慣れてきたら2食、3食と増やしていくと良いでしょう。

ダイエットは空腹が1番つらいです。あまり無理しすぎることなく、長く継続して習慣化することが大切なのでお腹が空きすぎて苦しい時は食べてください。無理しすぎると反発でリバウンドを招きます。無理せず継続が大切なんです。続ければ必ず結果が出ます。頑張ってください。

フィジカルBの気になる口コミは?効果的な飲み方を知ろう!