酵素についてのお話

世界的に話題のローフードダイエット。一体どのようなものなのでしょうか?

ローフードとは日本語で生食を意味します。ローフードとは調理加工をせずに食材をそのままの状態で食することをいいます。調理加工しない食材には目に見えませんが酵素というものが多く含まれていて、その酵素を意識して多く摂る食事法がローフードダイエットです。

人間は生まれ持って体内に酵素を持っています。潜在酵素とも言いますが、その潜在酵素は年齢とともに徐々に減っていくのです。潜在酵素には代謝酵素と消化酵素の2種類があり、代謝酵素は呼吸をする、ホルモンを分泌する、体を動かす、脳を使って考えるなど生命活動に関わることに欠かせないことです。

消化酵素は食べ物を胃や腸で、消化、分解、吸収するときに使われるものです。

肉や加工食品は消化のために多くの消化酵素を使います。体にとめて置ける酵素の量は限られていて使いすぎて補わないと代謝が悪くなってしまうのです。だから食生活を見直し、生のものを意識的にとることで消化酵素の使用量を減らし、生の野菜や果物に含まれている食物酵素自体を使って分解消化するので体内の酵素の使用を抑えてくれます。

生の野菜や果物に含まれる酵素は熱に弱く47度を超えると破壊されて機能しなくなるのです。だから生で食べることで酵素を体内に取り込むことができるのです。海外では早くからこのローフードの考え方が広まっており、書籍やローフード専門店が多く出店しています。

このローフードダイエットは食事制限の必要がなく、生の野菜や果物ならどれだけ食べても構わないのでとても続けやすいダイエット法です。ダイエット法が続かない理由の多くは食事制限によるストレス、その反発によるドカ食いによるリバウンドです。

無理せず白米や大豆製品は食べて揚げ物などの脂肪の多い食品は控えましょう。そして生の野菜や果物だけではタンパク質も足りなくなるので肉や魚はできるだけ食べるようにしましょう。