無理なダイエットが体臭の原因。

ダイエットに取り組んで、「少し体重が減った!」と喜び、さらにさらにと食べることを控えて、どんどん無理なダイエットをしているとき、ふと自分の体が臭く思うことありませんか?

実は無理なダイエットは、体臭の原因になるんです。ダイエットと体臭のつながりについて解説します。

まずは、急なダイエットをしていると、血行が良くなり、血液の中の乳酸が増えます。体は乳酸がうまく代謝されないと、汗と一緒にアンモニアが排出されます。そのせいで汗をかいたときにツンと鼻につく、臭いにおいがするのです。

また、食事制限をしすぎて、糖質制限など炭水化物、糖分が不足すると、カラダはエネルギーを作るために、体の中の脂肪をエネルギーに変えようとします。

脂肪が燃焼されて、ダイエット効果はもちろんあるのですが、体脂肪からエネルギーを作り出すときに、ケトン体という物質が排出されます。

このケトン体が血液を通って、体全体にいきわたり汗とともに蒸発して、体臭になります。体臭が強くなれば自分で分かりそうなものですが、自分の臭いって意外と気付きにくいです。

人に言われて気付くなんてことのないように、日頃から清潔に保つように、心掛けるのと、あまり無理に追い込むダイエットではなく、徐々に数か月単位で食べる量を減らしていくダイエットを心掛けましょう。

全てのダイエットがいけないのではありません。注意すべきは急な食事制限や絶食など、急激にエネルギーを摂取しなくなるダイエットを止めるべきなのです。

せっかくダイエットに成功しても「なんか臭いなあ…」と思われてしまってはとても残念です。

ゆるやかな食事制限は体臭を引き起こしません。長時間かけてゆっくりと体重を落としていくことが、筋肉の残った綺麗なプロポーションを保つ秘訣です。

そしてさらに、筋トレや有酸素運動を行うことで無理なくダイエットができるのでやってみてください。ダイエット成功の秘訣は無理をしないことがまずは大切なんです。

 

老化が早漏の原因になる【2つの原因と改善対策】