産後のダイエットを成功させるには?その1

一体いつごろから産後のダイエットを始めれば失敗しないのでしょうか?

女性にとっては、人生の最も重大なイベントといえる出産。つらい陣痛に耐えて、待ちに待った世界一愛おしい存在にやっと会える幸せの瞬間…ですが出産後に気になってくるのは妊娠、出産のために蓄えた脂肪のついた体…

出産後にようやくダイエットに取り掛かると戻すまでにかなりの気力、体力が必要になってくるので、出産前から産後を見据えて産後ダイエットの計画を立てる人が増えているようです。

初めての妊娠の時は体の変化がよくわからないので無茶なダイエットなんてしないと思いますが、要点を説明しながら妊娠中や授乳期に気をつけることなどをいくつか紹介していきます。

もちろん個人差はあるのですが、世間一般的に妊娠すると7~10㎏ほどは体重が増えると言われています。このうち赤ちゃんの体重が約3㎏だとすると6~7㎏の体重増であれば出産後すぐに体重は元通りになるといわれています。

妊娠中はお腹の中の胎児に栄養を摂られるので、つい過食気味になってしまうし、お腹が大きくなるにつれて運動なんてとてもできません。だから、人によっては10㎏以上太るケースがあります。

そうなると出産後溜まりに溜まった余計な脂肪を取り除かないといけなくなるんです。しかし、産後の女性の体重はとても減りやすいと言われているのです。

もしも、完全に母乳で育てた場合、食べたものも母乳として出ていくので全てが脂肪に代わるという訳ではないです。また妊娠中につく脂肪は通常の脂肪とは違い水分が多くなっているので燃焼しやすい脂肪となっているようです。

しかし、産後ダイエットは産後すぐに始めてはいけません。産後の母体には出産の疲労がかなり溜まっているので無理をしたら体を壊してしまうのです。いうなれば出産はフルマラソンを走り切った後と同じくらい体力の消耗は激しいです。

なのでまずは、しっかりと休息をとり、体を休めて、体力が戻るおよそ1ヶ月くらいは心身ともに衰弱しているのでダイエットはしないでください。

その2に続く。

おにぎりダイエットは効果あるの?

ダイエットの基本として摂取カロリーを減らすということが大前提にあります。そして糖質と脂質を減らして、タンパク質を多めに摂る。有酸素運動や筋力トレーニングをして脂肪を燃焼させて、体脂肪率の低い体を目指して、日々努力するのがダイエットです。

タイトルの「おにぎりダイエット」…効果あるのでしょうか?

ご飯やパン、麺類には米や小麦粉などの炭水化物が多く含まれています。なので極力食べないようにするのがダイエットの基本です。

手っ取り早く体重を落とすことに集中するならば、炭水化物を抜くことや、糖質の制限がかなり有効な手段です。ですが炭水化物は生きていくうえで必要なエネルギーで筋肉の栄養です。炭水化物で体は動きます。

炭水化物を食べてダイエットという逆転の発想?なのか、謎のダイエット…具体的には朝食に2個、昼食に2個、夕食に1個のおにぎりを食べるというダイエットなんです。そうです!普通です!炭水化物を夜摂らないこれがおにぎりダイエットなんです。

このおにぎりダイエットおかずとしてサラダ、具材入りの味噌汁は食べてもいいそうです。これでダイエット効果あるの?と思ってしまうのですが逆にダイエットしていると気づかれたくない方向けのダイエットということでやってみましょう。

また欧米食が進んでバターなどの脂質を多く摂る傾向が強いので余計な食事を摂らない意味でおにぎりダイエットは効果的でしょう。

そして期間を3週間と決めてこの期間中はアルコールや、ジュース、お菓子や、ご飯以外の炭水化物は一切口にしないようにします。

このおにぎりダイエットに使用するおにぎりはコンビニのおにぎりでももちろんOKです。選ぶ具材は梅、昆布、おかか、鮭、納豆などが適しているでしょう。あまり無駄な脂質の多いものたらこ、ツナマヨ、牛肉焼き、唐揚げなどは控えましょう。

普段何も気にせずに食事をしてきた、いわゆるダイエット初心者の方はこの制限ダイエットは簡単に効果が出ます。失敗しない秘訣は継続することです。3週間は徹底してやりましょう。

 

成功させるためのヒント